キャッシング審査で重要な個人信用情報とは

キャッシング審査では個人情報と信用情報の2つがチェックされます。

 

個人情報とは氏名、住所、年齢、収入、職業、雇用形態など申込書に記入した内容のことです。収入が高い、安定した職業に就いている、持ち家に住んでいるなど、条件に応じてスコアリングされ、キャッシング会社の基準をクリアすれば合格です。
ただ、これよりも更に重視されるのが個人情報で、申込み状況、借入状況、返済状況などの金融商品の利用状況のことです。CIC、JICC、KSCの3つの機関でキャッシング、カードローン、クレジットなどの利用状況が記録されており、審査の際に金融会社に情報提供がされます。

 

金融会社から審査落ちの理由は明かされませんが、体験談によると大半のケースで借入れや返済状況に問題を抱えているケースがあります。例えば、借入件数が多すぎる、借入額が大きすぎる、返済の滞納をしているなどです。正しく返済をしている場合でも収入に対して借り入れ額が大きかったりすると返済能力が低いと判断されて審査は厳しくなってしまうでしょう。また、収入が高い人でも返済の滞納などをしていると、信用できないとしてこちらも審査落ちになる可能性があります。

 

自分の登録内容を確認したい時は各機関に開示を求めましょう。
CICが管理するのはクレジット系、JICCが管理するのは消費者金融系、KSCが管理するのは銀行系の商品です。それぞれ利用している商品に合わせた機関で開示申請をしてみてください。


このページの先頭へ戻る