カードローンの金利計算方法について

カードローンでお金を借りたら、元金に利息を付けて返していかなくてはいけません。

 

利息は金利によって決まります。
金利の上限は法律で定められており、元金10万円未満では年利20%まで、元金10万円以上100万円未満で年利18%まで、元金100万円以上では年利15%までです。この上限より超過した年利分は無効、請求することで返還してもらうことができます。また、年利20%を超える場合は刑事罰に処されます。

 

銀行のローンは低金利が魅力の一つですが、カードローンの場合は年利3%〜15%となっています。そのため、このケースでいくと10万円の借入額でも最大で年利15%での貸付になります。
負担を抑えたいなら審査を受ける前に各社の年利をチェックしてカードローンを選択しましょう。しかし、金利の低さが審査の厳しさにもつながるため、自分の条件に合わせて審査に通過しやすいカードローンを選ぶことも大切です。

 

利息の計算式は「元金残高×年利÷365×借入日数」です。
自分で計算するのが面倒なら各社の返済シュミレーションを利用してみるといいでしょう。借入額、金利、毎月の返済額を入力するだけで自動的に返済総額を計算してくれます。返済計画を練る際にも返済シュミレーションを活用してください。

 

また、カードローンによっては無利息サービスを提供していることもあります。期間内の返済なら利息がつかないので、お得にお金を借りることができるでしょう。


このページの先頭へ戻る