総量規制による制限なしに借入れのできるカードローン

これからお金を借りたいと考えている人が候補として挙げられるサービスとしては、消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンがあります。これらのサービスはどちらも消費者に対して比較的小口の融資をしてくれるサービスとして知名度が高いものですが、一見すると同じようなサービスではあってもキャッシングとカードローンには大きな違いがあります。それは総量規制の対象となっているか否かの違いです。
まず、消費者金融のキャッシングですが、このサービスは貸金業者が提供をしているサービスなので総量規制の対象となっています。そのため、消費者はこのサービスを利用して借り入れの出来る金額は自分の収入の3分の1までの金額が上限となっています。つまり、自分の年収の3分の1を超える金額の借り入れはキャッシングではすることが出来ないようになっているのです。なお、この年収の3分の1までという貸付制限は貸金業者からの借入金を合算した金額となるので、その点には注意が必要になってきます。
それに対して銀行が提供しているカードローンのサービスは事情が異なっています。カードローンの場合、総量規制の対象とはなっていないので年収の3分の1までという貸付制限に縛られる心配はありません。そのため、自分の収入の3分の1を越えるような金額の借入れを希望するときには消費者金融のキャッシングではなく、銀行のカードローンを申し込んでみるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る