銀行カードローン 使っていなくても住宅ローン審査に影響が?

銀行カードローンを以前使っていたけれど現在は全く使用していないというような場合でも、解約をせずにカードを持っているだけで住宅ローンの審査に影響が出てしまうと言われています。それは、カードローンは「カードがあればいつでもキャッシングを出来てしまうもの」のためです。
住宅ローンは審査の際に現在のキャッシングやこれまでの携帯電話やクレジットカードなどの支払い履歴を審査のための情報として使用します。過去にキャッシングを利用していたことがあってもきちんと返済されていて、カードを解約していればそれらは何の問題にもなりませんが、解約を行わずにカードを持っていることで「いつでもカードローンの限度額いっぱいまでは資金の借入ができる状態だ」と判断されてしまい、現在の借入額が0円であってもカードローンの利用枠が現在の借入額として加算されてしまうと言われています。銀行側としてもきちんと返済される人にお金を貸したいため、万が一の返済できなくなってしまう状況を避けるためにこのような方法が行われていると言われています。
実際には現在のクレジットカードなどは自動的にキャッシング枠が付帯しているものがほとんどのためそこまで厳密に指摘されることは少ないと言われていますが、勤務先の情報などによっては使用していないクレジットカードやカードローンを解約して減らしておいてください、と、銀行側からアドバイスをもらうケースもあります。
清水銀行


このページの先頭へ戻る