カードローン返済忘れを防ぐには

カードローンの返済方法にはいくつかのタイプがあります。業者によっては異なりますが、口座振替、ATM、振込サービスなどです。
この中で銀行口座振替の場合には、自動的に引きおとされますので、引き落とし日を給料日などに設定することでついうっかり忘れを防ぐことができます。もちろん、口座の残高を確認することも必要です。
また、最も多いのがATMを利用するケースです。この場合にも給料日にATMに行く癖をつけておくなどすると忘れることもなくなるのですが、どうしても忙しい時などには気づいたら期日が過ぎていたなどということも稀にはあります。たまたま1回のうっかり忘れならば問題ありませんが、うっかりも数回繰り返すと信用問題ともなります。遅延が長くなると損害金も発生します。延滞時の利率は借入時よりもかなり高くなるので要注意です。また、状況によっては、個人信用情報に一定期間事故情報として記録される可能性もあります。
このように、ATMや振込で返済するためには自分自身で注意するしかありませんでしたが、最近ではメールで事前に返済日を連絡してくれるサービスを提供するカードローンもあります。例えば、1日前とか3日前とかにメールでもうすぐ支払い日ですよと連絡してくれます。また、万が一うっかり忘れの場合にも素早く忘れていませんかとのメール連絡をくれます。メールはほとんどの人が毎日チェックするでしょうから、このサービスはうっかり忘れには非常に有効なサービスとなっています。


このページの先頭へ戻る