カードローンのメリットとデメリットとはなにか

カードローンとは銀行が提供する小口融資のことです。

 

メリットとしては、利便性の高さがあります。
原則として身分証明書のみで契約ができ、保証人や担保は必要ありません。利用限度額の範囲で繰り返し借り入れができるので、限度額いっぱいになる前にきちんと返済をしていくことで継続してお金を借りていくことができます。最近ではインターネットから各種取引をすることもできるので、カードレスでも利用可能です。
また、銀行カードローンは金利が低めなのが特徴です。そのため利息の負担も抑えることができ、お得な借り入れをしていけるでしょう。

 

デメリットとしては、借り過ぎの危険性があります。
非常の利便性がいい借入れなので、借り過ぎてしまい返済が厳しくなる人も少なくはありません。。また、多くの方は返済方法にリボルビング方式を利用していますが、どれだけ借りても毎月一定額の返済のみなので借りる回数が多くなるほど完済までの道が遠のくというリスクも出てきます。
さらに低金利は魅力ですが、その反面では審査がきびしくなります。アルバイトでも融資は可能としていますが、年収200万円〜300万円以上は稼いでいないと審査に通過するのは難しいでしょう。

 

カードローンは使いようです。うまく使えれば非常に便利で余裕を持った生活を送ることができますが、うまく使えないと生活が破綻する可能性もあります。
借りることよりも返すことを前提に考えて、計画的に利用しましょう。


このページの先頭へ戻る